西の魔女が死んだを読んでみて

梨木果歩さんの小説で映画にもなりましたね。 私は、梨木果歩さんの小説はほとんど読んでいて、どの小説も主人公の心の葛藤と 登場人物との不思議な関わり合いがどんどん読者の心を引き込んでいくところが好きです。 この作品ももちろん、その特徴を持っています。 主人公のまいは、とても感受性の強い少女で傷つきやすく学校になじめなかったという点から、私も似た境遇を持っているため共感を覚えながら読み進めました。 そんな時おばあちゃんが提案した魔女になる修行というのが、まいが期待していたような特別のものではなく、当たり前だけ... Read More

私が読んで衝撃を受けた【寄生獣】という作品

もう随分前に連載が終了している作品ですが、少し前にアニメ化されており、原作に忠実なかたちだったので、すごく安心して観ていました。この【寄生獣】という作品は、人口の爆発的増加による環境問題の提起をした作品のような気がしました。 第1巻の冒頭で、「人類が半減すれば、出すゴミも半減するのだろうか?」というセリフを観た時に、すごく好きになる作品になるという予感がしました。 映画で言うところのSFパニックみたいな話で、主に人間に寄生して、人間を捕食していく獣が、人間社会に適応していき、人間vs寄生獣の戦いのお話です... Read More

ジョジョの奇妙な冒険

休日に、ありきたりなバトル漫画を読んで、退屈を感じている場合ではないです。主人公が2人で一緒に戦ってる!?、一度倒したボスが生き返って次の章の主人公と闘ってる!?こんな展開を読める漫画があるんです。そんな本のタイトルは、ジョジョの奇妙な冒険です。良くある皆さんの知っている漫画は主人公が一人ストーリが一つ、主人公がボスを倒したり、目標に到達したらそこで話が終わります。しかし、ジョジョは、ボスを倒したり、目標を達成したら、次の世代の話になるあまりない展開の仕方をしています。例えば、最初の主人公の話が終わると、... Read More

おれは鉄兵

おれは鉄兵というちばてつやさんの漫画作品について紹介します。 この漫画は作者のちばてつやさんがあしたのジョーを執筆後スランプになっていた時期に描かれたものとのことです。 あしたのジョーの主人公矢吹ジョーも不良でしたが、おれは鉄兵の主人公上杉鉄平は、ジョーよりも数倍、ほんとうの意味での不良でした。 本編で、ケンカで相手を半殺しにシーンが多く描かれており、さすがに少年漫画なので、命までは奪いませんが、鉄平はとにかく負けず嫌いで、特にケンカでは、一度負けた相手はいても、最後まで勝てなかった相手は存在しませんでし... Read More