ナラタージュ

思い出は美しいままの方が良い。

「ナラタージュ」を読み終えた後、静かにそう思いました。

淡く切ない恋は、もしも進展がなかったら、いつまでも美しい思い出のままだったのかもしれません。でも、淡い恋には続きがあったのです。泉は、葉山と再会した事で、恋愛の全てを知ってしまったのかもしれません。

人を愛する事も、愛される事も、自分だけのものにはならないという事も、男の人はズルいという事も。

葉山が妻と別れられないと知った瞬間、泉は初めて人を愛するという事を知ったのかもしれません。人を愛するという事は、決して綺麗な感情だけではないのかもしれません。何もかもどうでも良いから側にいて欲しいとか、心だけの繋がりが信じられなくなったりとか、この作品には様々な愛が溢れていたと思います。泉のように、愛する人に心をかき乱される恋があったり、葉山のように愛する人から逃げたいと思いながらも逃げる事が出来ない愛。そして、泉を愛するがゆえに彼女の心を無視してしまった小野。

この作品には様々な愛が存在しました。そして、愛というのはとても脆く繊細なものだという事も分かりました。

もしも、泉が葉山と再会しなければ、きっと彼女は淡い恋心だけを思い出に、愛する人を見つけた事でしょう。

読み終わった後に、なんだか不思議な寂しさを感じてしまいました。

人は、どんなに相手の事を想っても。相手の心を自分のものにする事は難しいという事を教えてくれた小説でした。